FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harem Scarem --- Change Comes Around

今日の曲の感想は
  Harem ScaremのChange Comes Around
Harem Scaremはカナダのハードロックバンドで、キャッチーな楽曲が日本では高く評価され、数度の
来日公演も行なっている。
Harem Scaremは音楽の方向性で相当悩んだバンドで、それにまつわるドタバタも多かった。
デビューした90年代初頭は北米ではグランジ・オルタナティブ全盛の時期で、デビュー当初のハードロック
然とした音楽性は本国カナダではあまり支持を得られなかったらしい。
日本やアジアでは高い評価を得られていたものの、やはり本国で評価されたいというのが人情だろう。
一時はバンド名を変えてハードポップな音楽性にシフトしたりもしたのだが、それもそれほどの功を
奏さなかったようで、結局もとのHarem Scaremとして戻ってきた。

この曲は2ndアルバムMood Swingsに収録されている曲で、日本ではこの曲でブレイクしたといって
いいだろう。
ギコギコとしたバッキングのギターが印象的なAメロ、あっさりとしたBメロをはさんで、一転、開放感
あふれるサビが大変気持ちいい。
曲後半はテンポを落とし、感動的なエンディングとなっている。

この音楽性のままずっと作品を発表し続けて欲しかったのだが、時代に翻弄されたバンドと言えるだろう。
ヨーロッパのバンドだったら、もう少し違った結果になっていたのではないだろうか。

このライブ映像は2002年のものであるが、本人たちの格好がずいぶんとラフで、自分らはハードロックバンド
ではないという主張が見え隠れするのがなんとも複雑な気分にさせられる。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます^^

今日も聞かせて頂きました^^

Change Comes Around
前半はすごいノリノリで聞いちゃいました~~(*´∇`*)
そこから一転、一気に転調して
なんだろう~~聞いたことはないと思うのに聞いたことがあるような感じです^^
すごく聞きやすいハードロックでした^^

音楽の方向性で相当悩んだバンド――なるほど。
バンドは人間関係や方向性など、意外と問題になるものも多いですね。
売りたいものと売れるものの違いでしょうか?
なんでもそれで報酬を頂くというのは大変です。

でもアーティストの場合、それ自体が作品ですから難しいところですね。

No title

オジサマ、こんにちは。
1曲目はギターの出だしが良いですね。
なんか、銀行マンがバンド組んでやっているみたいな感じで、少し笑ってしましいました。ごめんなさい<m(__)m>
でも、その反面、音楽にたいして非常に真摯に取り組んでいるんだっていう雰囲気が伝わってきて、好感が持てました。
ガタイの良い男がそろって真面目に音楽やっているぜという気迫が感じれます。

2曲目はドラムが好きかな。プロだから当たり前でしょうが、ぶれないドラム、好きです。

今日は土曜日、お雛祭り。

良い一日となりますように。

suffii

No title

みんな長かった髪も切っちゃったんですね (´・ω・`)

少し寂しいような気もしますがしっかりとした声と魅せるギターソロ、
持ってるものは受け継いでいて 少しホロリとしました。

Re: No title

鍵コメさま、こんにちは。

コメントありがとうございます。

お体調子はいかがでしょうか?
ゆっくり休んで元気になってくださいね。
私は調子が悪いときはひたすら寝て過ごします。

ではでは、お大事に。

ありがとうございました。

Re: おはようございます^^

YUKAさん、こんにちは。

今日もご訪問及びコメントありがとうございます。

Change Comes Around 気にいっていただけましたか?
私この曲大好きで、昔ずいぶんと聞いたものです。
Harem Scaremは日本ではずいぶん人気があったバンドなんですよ。
それだけに本国でそれほど振るわなかったのが、歯がゆかったのでしょうね。
技術が確かなだけに本当にもったいないなあと思ったものです。
日本やアジアでの売上だけで食べていけたと思うんですけれどね。
難しいものです。

どうもありがとうございました。

Re: No title

suffii姐さん、こんばんは。

今日もご訪問&コメントありがとうございます。
返信遅くなってしまいすみません。

Change Comes Aroundは個人的にかなりツボでイントロからなにから、もうとても好きな曲でした。
ライブ映像は普通の外国人のオジサンって感じで初めて見たときは正直がっかりでしたが、演奏が
しっかりしているところは流石だなあと思います。
たしかに銀行とかにいそうな感じですよね(笑)

ひな祭り、良い一日を過ごせましたか?
私はなかなかいい休日でした。

ありがとうございました。

Re: No title

かっぽさん、こんばんは。

今日もご訪問およびコメントありがとうございます。

彼らも若い頃は、髪も伸ばしてハードロックバンド然としていたんですけれどね。
カナダではそれが恥ずかしいことだという雰囲気になってしまったんでしょうね。
とても残念なことです。
でもテクニックは非常にしっかりしていて、日本でもCDの帯に技巧派なんて
宣伝文句を書かれたりしていたんですよ。

コメント、ありがとうございました。
プロフィール

gimonia

Author:gimonia
絵はブロ友のなによしさんに
書いていただきました。
実物はこんなイケメンではなく、
くたびれたオジサンです。

39歳メタル好き

リンクフリーです。
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。