スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失楽園6

派手に転倒した。

先日、あるツーリングチームのツーリングにお試しでゲスト参加させていただいた。
20台以上の台数が集まり、これまで数台でしか走ったことのなかった私は、未経験のツーリングに
少々緊張していたのだが、皆さん気さくな良い方でゲスト参加の私にも気軽に声をかけていただき
楽しい一日を過ごすことができた。
一人同じ年の方と仲良くなることができ、連絡先を交換して何度か一緒に走りに行った。
彼は昔レースをされていたバリバリなバイク乗りなのだが、非常に謙虚な気遣いの人で、彼のような
良い方と知り合えたのは非常に幸運だった。
実はご近所さんだった彼に、近場の非常に楽しいスポットを紹介していただいた。
その峠の休憩場では一見さんでも気楽に会話に参加でき、走ってよし、休んでよしの素晴らしい
場所だった。

先日一人で行った際に自分よりも少しペースの良い方と遭遇し、しばらく後ろを必死になってついて
走っていたのだが、5往復目のヘアピンでバイクを寝かせすぎて転倒した。
コースにも慣れてきて、つい自分のスキル以上のスピードを出してしまった。

バイクは対向車線を横切って茂みに突っ込んだ。
幸いなことに私はほぼ無傷だったが、おろしたてのHONDA純正の革ジャケットとディーゼルの
ジーンズに傷がついてしまった。

前を走行していた方に助けてもらい、バイクを茂みから取出した。
左側に倒れたバイクは左ハンドルとミラー、ウインカーが折れ、カウルにも傷が付き、
サイレンサーはベッコリと凹んでしまった。
できればガラスケースに入れて飾っておきたいと思うほど大事なバイクだ。
軽率に身の丈以上のスピードを出してしまった自分を恨んだ。

左手にクラッチを持ち、片手運転で何とか自走で帰宅したのち、カウルを外してみると、メーターや
フロントカウルを保持するステーがねじれて曲がっていた。
曲がったステーを外すと、フレームのとステーをねじ止めする箇所にひびが入っていた。
バイクのフレームのダメージは命取りとなる。
廃車という言葉がよぎった私は青くなったが、この場所はそれほど大きな力がかかる場所では
ないので、業者に頼んで溶接して誤魔化すことにした。

幸いハンドルは交換する予定でいたので代わりを準備済で、曲がったステーもオークションで
安く仕入れることができた。サイレンサーは練習会用の傷物の予備のものをつけていたので、
金額的にはそれほど大きなダメージはなかったのだが、今後の乗り方について考えさせれれる
一件だった。

休憩所では熟練ライダーのオジサマ方から、タイヤを変えて革つなぎ買えと言われていた。
私にとって革つなぎは本気でバイクに乗る方の装備で、自分とは縁のないものだと思っていた。
分かってはいたのだが、今後のバイクとの距離の取り方について再考する必要がある時期に
来ているのだろう。

あまり深く考えずにバイクを直して、楽しんでいたのだが、いずれこうなることは分かっていたはずだ。
相変わらず、私は煮詰まっている。

転倒の状況について仲良くなったご近所さんの彼にメールで報告したところ、すぐに大丈夫でしたか?
と電話がかかってきた。
彼は本当に驚くほど良い方だ。
転倒のショックも大分和らいだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

Fleurage(窓口)

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。