スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

canariaさん

11日のご報告を受け、私はとても動揺している。
canariaさんの創作作品【侵蝕恋愛】の、その濃密で独特で時に難解な世界観には圧倒されっぱなしだった。
canariaさんからは、多くの有難い励まし、自作曲に対する賛辞、力強いお言葉をいただいた。
頂く言葉はいつも、いい意味で過剰に丁寧で、どの方に対するものでも、相手の心情をできる限り理解した
うえでコメントされているということがひしひしと伝わってくるもので、私はそのおもてなしと言っても
過言ではない丁寧な対応を、常々見習いたいと思っていた。

canariaさんとは直接お話をさせていただいたので、ここで多くを語ることは控えたいと思う。
いまはただ、さよならではなく関わり方が変わるだけ、というcanariaさんのお言葉を信じたい。


昨年初め、【侵蝕恋愛】の登場人物ケイさんをモチーフにした曲を作り、canariaさんにお贈りした。
作ったというよりは、canariaさんの作品に作らされたと言った方がより正確だろう。
私はcanariaさんご自身による丁寧なご解説をいただいて、自分なりに咀嚼したケイさんのイメージを
そのまま音にしてトレースした。
長い曲になってしまったのだが、作成中はまさに何かに憑かれたかのように次から次へと音が湧いてきて
世界観ありきで曲を作るということがどういうことなのか、身を持って思い知らされた感じだ。
曲自体はcanariaさんにお贈りしたものなので、こちらでの公開は控えていたのだが、ご本人のご意向により
改めてこちらで公開させていただきたいと思う。
ご本人にもお話しているのだが、この曲はまだ終わってはいない。
自然な形で、続きを作れる日が来ることを待ちたいと思う。

introduction -red- unfinished





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title


私も動揺しました。
とても衝撃を受け、落ち込み、あり得ないほど取り乱し、泣きました。
その後の喪失感と虚無感で、暫く呆然としたほどで、もう私が私ではないかのようでした。
どれだけその存在が大きかったのか、今も噛み締めているところです。

でも終わりではない。
私もそう信じて、お帰りを、そして交流再開を待ちたいと思います。

この曲も終わりではないのですね。
私も、自然な形で続きを作れる日が来ることをお待ちしています^^

No title

いい曲ですね

Re: No title

YUKAさん、おはようございます。

YUKAさんも11日のご報告で、閉鎖を知られたのですね。
私はYUKAさんなら何かご存知かと思い、メッセージを書きかけたのですが、
YUKAさんに聞くべきことではないなと思い直し、でも混乱したまま
眠れぬ夜を過ごしました。

canariaさんのご決断を尊重するしかないと分かってはいるものの、そのご決断は
にわかには受け入れ難く、同時に何とも寂しい限りですが、関わり方が変わるだけ
というお言葉を信じて待ちましょう。
できれば【浸食恋愛】もその続きを楽しみたいところですが…

コメントありがとうございました。

Re: No title

いちごはニガテさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
評価していただいてありがとうございます。
この曲は、【浸食恋愛】に作らされた曲です。
しっかりとした世界観に誘導されるように出来上がりました。
こんな形で公開することになるとは思いもしませんでした。
とても残念です。

ありがとうございました。

No title

こんばんは、gimoniaさん。

canariaさんに関わってきた多くの方と同じように、私も動揺しています。
御本人と直接話しを交わしたとのこと、どんな内容であったか聞くのは無粋なので控えますが、そこでcanaria師匠の本意が、想いがgimoniaさんの胸に届いているのは、とても羨ましいことに思えます。

曲の方も聞かせて頂きました。
ケイの心情を彷彿とさせる、海月のように揺蕩う不安定な心の内がそのまま音になって曲になったようですね・・・!

さよならではないというお言葉を信じて、この曲の続きとともに待ち続けていますです。

No title

gimoniaさん、お久しぶりです、ペレです!
canariaさんの閉鎖、僕も皆さんと同様、突然で驚かされました。
いろんな方のいろんな想いが形になってるなと思います。
gimoniaさんは、音楽でその想いを表現されている、
その方にしかできない伝え方がある、僕もその想いに大変感銘を受けました。
この曲、良いですね・・・。
何ていうんだろう、『ケイ』の外見の惑わし、内側の凶暴性、
奥にある乾ききった心、その心情をひとつずつ拾って12分程の大作を
作り上げた素晴らしい作品だと思いました。
こういう同人世界、僕、好きなんですよ。
人のその作品に対する想いを表現する、こんな素晴らしいことはない、
その作品を聴くことによって、その読者の方と一体感になれる、
そんな創作者の意図がすごく投影されてて、
聴いてて、改めて、作品っていいな!と思いました。

Re: No title

なによしさん、こんばんは。

なによしさんも特にcanariaさんとは仲が良かったように感じていましたので、
今回の件は非常にショックだったと思います。
心中お察しいたします。
記事には書いておりませんが、私にとっても非常に残念なお知らせでした。

ここの所調子が悪く、canariaさんとの交流も制限された形となっており、
【侵蝕恋愛】もご本人の解説なしで、読ませていただいておりました。
曲の続きを作ると簡単に言ってしまいましたが、ご本人のご解説の元、
物語を私なりに理解した上で作成した今回の曲とは違い、続きの方は
手探りで大部分を想像で補うしかなく、本当に作れるのか不安があります。

待つしかないというのは非常につらいです。

曲、聞いてくださってありがとうございました。

Re: No title

ペレさん、こんばんは。

すっかりご無沙汰してしまっているのに、コメントありがとうございます。
曲、聞いてくださってありがとうございます。
この曲は、第1部ケイさんの物語を、時系列で場面ごとに曲に置き換えて
いったもので、私が一方的に作成して、canariaさんにお贈りさせて
いただいたものです。
できれば【侵蝕恋愛】をじっくりと読んだ方に聞いてほしかったので、
こちらでの公開は控えていました。
こんな形、タイミングで公開することになるとは、本当に残念でなりません。
canariaさんには、出来栄えに満足して頂けていたので、この曲の役割は
それで終わっていたのですが、改めてペレさんからご感想を頂けて、
うれしかったです。

ありがとうございました。
検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

Fleurage(窓口)

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。