スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Savage Heart --- PRETTY MAIDS

今日の曲の感想は
  PRETTY MAIDSのSavage Heart
この曲は彼らのアコースティックアルバムSTRIPPEDに収録されている。
このアルバムは1993年にリリースされたのだが、この頃はアンプラグドが流行っていて、いろんなバンドが
アコースティックアルバムを出していた。
ボーカルのRonny Atikinsの"時流に乗ろうと言うつもりは毛頭ない"というコメントがなんとも微笑ましい。

この曲はのっけから緊張感のある大変美しいピアノで始まり、高校生だった私はその美しさにノックアウトだった。
その後もピアノのみの伴奏で、Aメロ、Bメロ、サビと曲は進むのだが、ピアノだけとは思えないほどの表現力で
イントロの緊迫感を維持し続け、物足りなさは全く感じさせないどころかグイグイと曲を盛り上げていく。
クレジットにはピアノを誰が弾いているのか書いていないのだが、素晴らしいアレンジだと思う。
そして、2コーラス繰り返した後の間奏からは、アンプラグドなはずが辛抱たまらずといった感じでバンドが
入ってくる。
それはそうだろう。
これだけ盛り上げておいて、そのまま終わられてしまっては、振り上げた拳のやり場がなくなってしまう。
このアルバムはアンプラグドということで、多くの曲が書下ろしとなっているのだが、Savege Heartは
原曲が存在する。
原曲はSTRIPPEDバーションのバラード然とした感じとは違い、どっしりとしたパワーメタルといった感じで、
これはこれで素晴らしい。
1曲をこれだけ雰囲気の違う曲にコーディネイトできるアレンジ力はさすがはプロといったところだ。

PRETTY MAIDSはカバーが多いことでも有名で、このバンドを語る上で忘れてはならないのが、
John Sykesのカバー曲Please Don't Leave Meだろう。
この曲のアレンジも原曲をはるかに超える良さで、おそらく彼らの曲の中で最も有名なのが、この曲では
ないだろうか。

このバンドは硬派なパワーメタルバンドなので、もう一曲、パワーメタルな曲を貼らせていただこう。
Twistedは個人的に好きな曲だ。
間奏のキラキラのキーボードがツボなのだ。

PRETTY MAIDSは1984年にデビューしたデンマークのバンドで、活動歴28年という大ベテランだ。
アコースティックアルバム等出しはしたものの、流行に媚びることなく、パワーメタル一筋で活動してきた
まさに鋼の魂を持つ硬派なバンドだ。
キーパーソンのボーカルのRonnie Atkinsは48歳、ギターのKen Hammerは49歳だ。
こういうかっこいいおじさんになりたいものだ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Savege Heartいいですね。
キレイな音からぐああっと盛り上がる展開に
テンションが上がります!ヽ(*'∀`*)ノ

Re: No title

かっぽさん、おはようございます。

いつもコメントありがとうございます。
返信遅くなってしまい、すみません。

ちょっとバタバタしておりました。
Savage Heart気に入っていただけましたか?
間奏からの盛り上がりが来たぞきたぞという感じでゾクゾクしますよね。
そしてピアノのアレンジがとにかく美しい。
このバンドも雰囲気はちがいますがデンマークのバンドなんですよね。

コメントどうもありがとうございました。
プロフィール

gimonia

Author:gimonia
絵はブロ友のなによしさんに
書いていただきました。
実物はこんなイケメンではなく、
くたびれたオジサンです。

39歳メタル好き

リンクフリーです。
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

Fleurage(窓口)

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。