スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失楽園3

引き続きアルミニウムを磨いていた。


修理から戻ってきたFireStormはアルミパーツやらボルト類が錆びてひどい状態だった。
以下はタンデムステップだが、錆びて粉を吹いている。
ts.jpg

これは萎える、全くいただけない。
この部品は楽に取り外せるので、早々に磨いて取り付けた。
次に気になったのがメインのステップなのだが、これは素人には取り外しは無理、とショップの方に
くぎを刺されてしまったので仕方なく放置していた。

普段アパートの屋根のない駐車場にバイクを止めている私は、冬の間はバイクをショップに預かって
もらっている。
この間、気になっていたメインのステップに手を付けることにした。
現在のステップは預かり中も取り外しは不可とのことだったので、もう1セット中古で入手し、
磨いた後、さび止めを施すことにした。

アルミは塗装ののりが悪いらしく、さび止めはアルミ専用のクリア塗装でコーティングする必要がある。
せっかくなので着色することにした。
処理前
s_before.jpg
処理後
s_after.jpg
ゴールドのブラケットの部分は、ホイールの塗装をお願いしているホイール屋さんにガンコートという処理で
着色していただいたのだが、色味が黄色寄りで気に入らず、缶スプレーでゴールドを上塗りした。
羽のような部分はくるぶしが当たって擦れる部分なので、カーボン柄のシートを貼り付けた。
ここの部分は社外パーツで、カーボン柄のカバーが売っているのだが、お金がないのでシートでごまかした。
その後全体をウレタンクリアでコーティングした。

ブレーキ、クラッチともにペダルには中央に溶接跡のようなヘゲヘゲな線が走っており、これは前から
気になっていたので、この機会に磨いて鋭角的になるよう削りだした。
b_pedal.jpg

金属磨きは、突き詰めると一旦は鏡面仕上げとなってしまう。
ペダルは削って磨くうちにピカピカになっていくのが大変気持ちよく、サルのように磨いていたら
大分ピカピカになった。
単体で見るとピカピカで気持ち良いペダルだが、残念ながら組み付けると金色のブラケットと相まって
ギラギラしすぎだ。
ちょっとやりすぎてしまったので、ペダルはトーンを落とすことにした。

せっかく磨いたペダル(写真上)に、240番の荒目の紙やすりをかけて表面を荒らし(写真真ん中)、その後
アルミに直塗りできるという触れ込みのシルバーの塗料で塗装(写真下)。
鏡面仕上げは、磨きムラなど処理のアラがはっきりと目に見えてしまうのだが、塗装により大分アラが
目立たなくなった。
b_pedal2.jpg

この後ペダルをウレタンクリアでコーティングし、組み付ける予定だ。
ステップは足で踏みつける部分なので、コーティングがどのくらい持つのか不安だ。


私のバイクは主に青、シルバー、黒の3色で着色されているのだが、ホイールも含め、金色を足そうと考えている。
私は昔は派手なものを好まなかったのだが、歳のせいだろうか?趣味が変わってしまったような気がする。
金色なんて下品な成金のおっさんが選ぶ色だ。


冬の間はひたすら金属を磨いて、塗装していた。
体調は相変わらずイマイチだが、預けているバイクを取りに行くのが待ち遠しい。
一昨年は直すか売るか散々悩んだのだが、今のところは直してよかったと思っているのだ。

まだまだ気になるところがたくさんある…
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

Fleurage(窓口)

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。