スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分岐点

盛大に悩んだ。

のっぴきならない事態が勃発し、乗るのか売るのか、長年判断を保留にしてきたバイクの処遇を
決断しなければなくなってしまったのだ。
最後に動かしたのは、8年くらい前だっただろうか。

4年程前、休職中だった頃、再びバイクに乗ろうと決心してショップに電話したことがあった。
かかる費用の概算を聞き、改めて通帳を確認した私は、預金額の減り方を見て愕然とした。
とてもバイクになど乗っている場合ではなかった。
私は昔、お金の管理が杜撰だったのだ。
就職後、趣味は音楽とバイクだけで、人付き合いもなかった私は、好きなだけ趣味にお金を使って
いたのだが、それでもお金に困ることはなかった為、節約するという概念がまったくなかった。

病気の影響で、収入が激減していたにもかかわらず、支出を改めることを全くしなかったのだから
預金額が減る一方なのは、当たり前のことだった。
そんなことに気が回らないほど、私は経済観念がなかった。
それ以降、家計簿をつけることとなり、私は節約に励んだ。

一旦は乗ることを諦めた私は、バイクのカウル(外装部品)を外し、実家の部屋に保管した。
その時は、売るという決断ができなかったのだ。
以後、実家に帰っても、駐車場のバイクからは目を逸らし続けた。

いよいよ、決断を迫られた私は、当初はバイクを手放すつもりでいた。
だが、実家に戻り、封印していたカバーを外し、カウルを取り付けてしまうと、決心が揺らいだ。
中身は、8年近くの放置プレイにより、ボロボロになっていたのだが、外観はきれいなのだ。
おまけに、なぜか連れはバイクの話になると、決まって乗れ乗れと私を煽るのだ。

IMG_1089.jpg

決心が固まらないまま、CMで有名な、某中古バイク買い取り専門店に査定をお願いした。
トラックでやってきた店員さんは、一通りチェックし、10万円という査定額を算出した。
おかげで私は、10万で売るくらいならば、乗ろうという気になることができた。
だが、私の心替わりを察した店員さんは、私を説得し始めた。
この歳で、このタイプの乗車姿勢の厳しいバイクに乗り続けることの大変さ、維持費用、
長期不動車の整備後の故障のリスク、8年もバイクに乗らなかった人は、今後もバイクに
乗ることはまずないだろう、などと様々な視点から、私にバイクを手放すことを進めるのだった。
彼も簡単に手ぶらでは帰れないらしい。
最終的に倍の金額を出すとまで言い始めてしまった(笑)
だがこの時点で、私の悩みはいくらで手放すかということではなく、乗れるのか、乗れないのか
その点にシフトしてしまっていた。
前に乗っていた250CCのバイクは、気軽に乗れる気安い奴だった。
だが今所有している大型バイクは、腰を据えてバイクに乗る覚悟が必要であるということを、
購入後乗っていた1年半という短い期間で身に染みて理解していた。
おまけに今私が置かれている状況を冷静に鑑みると、バイクになど乗っている場合ではないのだ。
店員さんの言うことはセールストークでもなんでもなく、すべてもっともなことで、だから余計に
私は悩んだのだ。
店員さんには大変申し訳なかったが、その日は頭を下げて手ぶらで帰っていただいた。
最初は、今日決めていただけない場合は2度と来ることはありませんといっていた彼は、明日
気持ちが変わることがあったら連絡してくださいと言い残して、空のトラックで帰って行った。

その晩、大いに悩んだ。
今のバイクを乗れる状態にするためには、車検代込みでかなりの金額がかかるという話だった。
私が、バイクに乗らなくなってしまったのは、バンド活動を始めてしまったことが大きく影響していた。
私は器用な人間ではないので、掛け持ちとかできないのだ。
だが、色々とあって、私はこの夏にバンド活動及び楽器の演奏からは身を引く決心をしていた。
音楽はMIDIで作曲だけしていこうと決めたのだ。
もう休日に、いつかかってくるかわからない練習の誘いの電話を待つ必要はなくなった。
東京に住んでいた頃、バイクに乗る事と、MIDIで曲を作る事は、どちらも満足に両立できていた。
だが、今の私にはあの頃の体力はなく、おまけに妻帯者で、失職中だ。
どうしたらいいかわからなくなった私は、もう易者にでも相談したいくらいだった(笑)

結局、私はバイクを修理することにした。
公道を走れる状態に戻して、乗ってみて無理があるようだったら、その時に手放そう。
最悪数十万の出費で手元に何も残らない事になるのだが、8年も放置したのは私だ。
自分のお金で元の状態に戻すのが多分筋だろう…よくわからないが。

翌日、ホンダのディーラーさんに連絡し、修理費用の見積もりを確認した。
やはり前日店員さんが言っていた通りのかなりの費用だった。
ちなみに、査定額を確認してみたところ、ディーラーさんのつけた値段は5万円だった…orz
修理には時間がかかるらしい。
心と体の準備ができていない私は、なるべくゆっくり修理してくださいとお願いして、
バイクを預けたのだった。

まずは置く場所を確保しなければならないだろう。
どうなることやら…
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

Fleurage(窓口)

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。