スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

il mare dei suoni --- KOKIA

今日の曲の感想は
 KOKIAさんのil mare dei suoni
この曲は彼女の6thアルバムThe VOICEに収録されている。
KOKIAさんの音楽はJーPOPにカテゴライズしてよいのかわからないのだが、KOKIAさんは歌唱力と
作曲能力を非常に高い次元で両立している日本人シンガーソングライターだ。
って、説明するまでもなくご存知の方もいるかもしれないが、念のためだ。
個人的には、その才能に見合った知名度が得られていないような気がしているのだ。

il mare dei suoniはイタリア語の歌詞となっており、曲構成はKOKIAさんの曲にしては珍しく
結構単純でサビから始まり、エキゾチックなAメロと扇情力の高いサビを繰り返すという構成になっている。
(間に1回Bメロが入ってくる)
単純な構成ながらこれだけ聴かせる曲になっているのは、ボーカルラインの素晴らしさと、彼女の歌の
表現力の高さからではないかと思う。
(埋め込みコードが無効になっているので、お手数ですが直接youtubeから視聴して下さい)




もう2曲、個人的に好きな曲をはっておこうと思う。
KOKIAさんは様々なタイプの曲を作れる器用な方で、おすすめするにあたってどの曲を選んだら
よいのか非常に迷うのだ。
なのであまり考えずに私が好きな曲を貼らせていただく。

調和 oto~with refrection~
繰り返されるサビが何語で歌っているのか分からないのだが、この曲は日本語の歌詞を
逆さ読みにして歌われている。
あまりない、というか少なくとも私は他では聞いたことのない試みだが、オリエンタルな曲調と
相まって不思議な雰囲気を生み出すことに成功しているように感じる。


I believe ~海の底から~


KOKIAさんは私が病んでいて調子が悪かった頃にドハマリして、文字通り飽きるほど聴いたのだが、
最近のアルバムは買っていない。
KOKIAさんの音楽には何かしらの癒し効果があるのかもしれない。
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

Fleurage(窓口)

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。