スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A point of no retuen 16

ここ数か月、完全に停滞期に入ってしまっていた。
体重は57kg±1kgのあたりをうろうろしている。
前にも書いたが、私のダイエットはOUTを増やすのではなく、INを抑える方法だ。
食事制限なのだが、その割には、ゼリーやらジャムサンドやら、ソフトやらにうつつを
抜かしているので、私のそれはだいぶゆるゆるなダイエットになるだろう。
この方法での限界がおそらく57kg近辺なのだろう。

やり方を変える必要があるな、ということで、ウォーキングを再開した。
スポーツ用品店のハヤサカさんにプッシュされて買ってしまった高いシューズが下駄箱の隅で
いじけていた。
そんなわけで、7月の終わりから5.5kmのコースを歩き始めたのだが、だんだんペースが速くなって
先週、帰宅後しばらく動けなくなるくらいにハッスルしてしまった。
これほどの疲労感を味わうのは学生の頃以来ではないかというほどだったので、すっかり腰が
重くなってしまい、今週は休んでいた。

最近暇なので、ブックオフやら、書店に通っているのだが、書店のレジのわきに
腹だけ痩せる技術(梅森美緒著)という新書を見つけた。
売れているらしい。
私がダイエットを始めたのは、体重を減らすというよりかは、弛んだ下腹部を何とかしたい
というのが目的だったので、まさに渡りに船な本だった。
新書は高いうえに内容に偏りがある場合が多いので、ブックオフの105円コーナーでしか
買わないのだが、藁にすがる思いで購入した。

著作権法に抵触するといけないので詳しくは書けないのだが、様々なダイエット法に手を出しては
挫折していた梅森さんが編み出したのが、腹を凹ませてウエストを絞るという方法だとのことだ。
腹筋やウォーキングは必要ないらしい。
本当だろうか?
ただこの梅森式ドローイン、腹を凹ませつつ呼吸をするという動作が単純なようでいて、意外と
疲れるのだ。
いつでも場所を選ばずにできるとは言うものの、慣れないせいもあるのだろうが、最初のうちは
意識してやろうと思わないと、難しそうだ。
まあウォーキングする手間に比べたらはるかに手頃なので、しばらく試してみようかと思う。

ウエストも計測してグラフにした方がいいだろうか?
ちょっと恥ずかしいのだ。

120831.jpg
スポンサーサイト

A point of no retuen 15

旅行に行って、道中の車内でおイタをしたせいで少し体重が増えてしまった。
って書くと、なんだか変なことを連想する方もおられるかもしれないが、変なことはしていない。
ってわざわざ書くほうが変態なのか。
念のためにちゃんと書くと、車内で甘いお菓子をたくさん食べたのだ。

その後もどうも体重が安定せず、57kg台をウロウロしている。
原因がイマイチつかめずにいるのだ。
最近アホみたいに食いまくっているフルーツゼリーが悪いのか、今の食生活での減量の
限界に来ているのか、その見極めがつかないのだ。

今の身長になってから、病気になるまで、私の体重はずっと56kgで不変だった。
おそらくこの数値が私の体の適正体重だったのだろう。
そう考えると、今の数値は、適正値で安定してしまっているということなのかもしれない。
先月の今頃、右肩下がりの状態にあった頃は、56kgも通り越して、それ以上減量できるのでは
ないかと、ちょっと期待していたのだが、思わぬところでノイズが入ってしまった。

そろそろ暖かくなってきたので、ウォーキングを再開してもいい頃合いなのだが、最近
あまり気分が晴れず、外をただ歩くという気分になれずにいる。
痩せようという気力もなくなってきつつある。
まあ、そういう時は逆に無理してでも、歩いたほうがいいのかもしれない。

120415.jpg

A point of no retuen 14

最近、ブログに書く事がなくなってきて困っている。
ブログをはじめた頃は毎日更新していたのだが、一体何をそんなに書いていたのか不思議なくらいだ。
というわけで、つまらない話で申し訳ないがまたダイエットネタだ。

先月から家計簿を再開したのだが、先月、私がゼリーにつぎ込んだお金は5167円だった。
最近は1個88円のゼリーを買っているので、2月は58個のゼリーを食べたことになる。
1日に2個のペースだ。
実際、私は朝起きてゼリーを食し、会社で夕飯を食べて帰宅後まずゼリーを食べている。
もはやゼリー馬鹿だ。
最近は和歌山産業株式会社というメーカーのゼリー一択なのだが、表彰とかしてもらってもいいのでは
ないだろうか。
それとも私のようなゼリー馬鹿は意外と結構いるのだろうか。
もしかしたら1日3個とか5個とか10個とかいう猛者もいるのかもしれない。
まあ人様のゼリー事情はともかく、お菓子に一日170円というのは経済的にちょっといただけない。
なんとなくお菓子は1日100円までという感覚だ。
貧乏くさいだろうか?
でも5167円あったらホルモン屋でたらふく食べてもおつりがくる金額だ。
まあダイエットにつぎ込んだと思えばいいのだろうか。

つぎ込むといえば、最近家計簿は付けてはいるものの、物欲が旺盛で困っているのだ。
やれブーツだの服だの機材だのPCだのと、湯水のようにお金を使っている。
昔、ガリガリと質素倹約な暮らしをしていたのが嘘のようだ。
あの頃の感覚はどこへ行ってしまったのか?
体重のように家計簿も公開すれば、少しは節約しようという気になるだろうか?
でも流石にそんな勇気はない。

話がそれてしまったが、ダイエットだ。
57kgの壁は厚く、ジリジリと焦らされたが、ようやくなんとか56kg台で安定しかけてきているように見える。
だが相変わらずお腹はおじさん体型のままだ。
まあ冬の間は仕方ないと思っているのでいいのだが、果たしてこれだけしぶとい腹周りの肉は
ウォーキングで落とせるのだろうか?
ウォーキングを始めたら足とお尻に筋肉がついて体重が増えて、お腹の肉はそのままなのでは
ないだろうかと心配しているのだ。
もうひたすらINを抑える方法でゼリーばかり食べて、50kg切るぐらいになればお腹も凹むだろうか?

だが
 ゼリーでお菓子我慢して体型維持してます。
これは全然ダンディーではない。
 朝ですか?朝は5時に起きて軽くランニングしてから出社していますよ。
 朝の空気は爽やかで気分もリフレッシュできるんですよ、はっはっは。
これくらい言えないとダンディーの称号はもらえないだろう。
いや、このダンディーはちょっと嫌味かな。
もうちょっと自然体がいいような気がする。
なんだか難しいぞ。

まあいい、今は出来る事を出来る方法で実行するだけだ。
120317.jpg

A point of no retuen 13

ようやく、昨年末の水準に達した。
年末年始の数日間の暴飲暴食のつけを払うのに、ひと月以上もかかったというわけだ。
これは、恐ろしいことだ。
この感じだと、目標体重に達したあとも、油断したらあっという間にリバウンドしてしまうのだろう。

今私がやっているダイエットはOUTを増やすのではなく、INを減らす方法だ。
最近はアホみたいにバナナばかり食べて暮らしている。
ダイエットの方法としては、おそらくよくない方法になるのだろうけれど、今の自分が無理なく続けられる
方法がこれなのだ。
私は若い頃から小食で燃費だけはよかったのだ。

以前は帰宅後ウォーキングなどしていた時期もあったが、今は寒くてとても外に出る気にならないので
運動はしていない。
暖かくなったら、運動もしたいところだが、運動してもしなくても体重の減り方は、大して変わらなかった。
とは言っても筋肉を増やして代謝をあげて、そうすれば多少食べても大丈夫な体になるとあちこちに
書いてあるので、運動はやはり必要なのだろう。

先月、今履いているのよりも1インチ小さいジーンズを買った。
暖かくなる頃までには、無理なく履けるようになっていたいものだ。


追記
グラフが情報不足で不親切だったので、修正しました。
青点が体重で軸は左側、赤点が体脂肪率から計算した体脂肪で軸が右側になります。
現在体重57.6kg、うち脂肪が12kgです。
なんだかこうして公開するの、だんだん恥ずかしくなってきました、

120223.jpg

A point of no retuen 12

ここ2日で急に体重が減った。
水曜日はマックでチキンとコーヒーを飲んで一日それだけだったのだが、たった一日でそんなに
体重って減るものなんだろうか?
なんだかズルでもしたかのような気分だ。
次の日ラーメンを食べてしまったので、元に戻るかと心配したのだが、昨日と同じ数値だった。
体重、本当にわからん。

私は現在あまり体調がよろしくない。
会社は遅刻欠勤続きで、ここ2か月の給与は普段の半分にまで減っている。
同じくうつ病の上司Hさんからは随分前にダイエット禁止令が出されている。
ありがたいことにHさんは本気で私のことを心配してくれており、いつも色々とアドバイスをくださるのだ。
私はHさんのいう事に従い、肉を食べることを心掛けている。
たんぱく質の摂取効率は魚よりも肉の方が良いのだそうだ。
だがHさんからは炭水化物を摂れという指示は出ていない。
だから最近私は炭水化物なしの生活にしている。
社員食堂の定食もご飯抜きだ。
糖分を取らないと脳の働きが悪くなるらしいのだが、私が今やっている仕事はそれほど脳を使わない
単純作業が多いので問題ないように思える。
それから糖ならゼリーを食べているのでそれでいいかなという気がしている。
とはいえ、肉を食べることを意識しているせいか、脂肪は緩やかに増えているようにも見える。

状況からして私はダイエットなぞしている場合ではないのだろう。
会社の状況は良くなく、おまけに産業医からは休職を勧められている。
この時期の休職は会社側にクビを切る良い口実を与えることになる。
だが私には全然危機感がないのだ。
周囲の方に心配をかけるのは申し訳ないと思うのだが、肝心の私自身が自分の事を全然心配する気に
ならないのだ。
これも病気の症状なんだろうか?
これまでこういった危機感の欠如を感じることはなかった。
別にやけになっている訳ではない。
自暴自棄にもなっていない。
全てが嫌になったかというとそんなことはなく、例えば体重には強いこだわりを持っている。
ただ周囲の方が自分の事を心配してくれているとき、私はそれを他人事のように感じてしまうのだ。
この感じだと、明日から会社来なくていいです。と宣言されても普通に、ああそうですかとなりそうだ。
病気が長引いて、私の感覚がいつの間にかマヒしてしまったのかもしれない。
次に病院に行くときは主治医にこのことを聞いてみよう。

当面の問題は、来週だか再来週に予定されている産業医面談をどうやり過ごすかだ。
仕事的には今は休職できる状態ではない。

今日はなんだか愚痴っぽくなってしまって申し訳ない。
私は今日も欠勤してしまい、一日悶々としていたのだ。

自分の人生が通り過ぎる音が聞こえるような気がする。
恐らくは全て冬が悪いのだ。
早く暖かくならないだろうか・・・

120203.png

A point of no retuen 11

年末年始の後遺症を未だ引きずっている。

年が明けてからも、Tさんとお好み焼きを食べ、Hさんとホルモン屋に行き、
今週末はTさんの正式な歓迎会で、またまたホルモン屋に行くのだ。
これでは痩せる訳がない。
年始に叩き出した61.6kgという数字は、やはり出すものを出したら多少は
落ち着いたのだか、それでも現在の体重は昨年12月初旬の水準だ。
ひと月ほど後退してしまったことになる。
体重は正直だ。
食べた分だけ増えるのだ。
まあ致し方あるまい。
またひと月前からやり直しだ。
幸い、今週末のTさんの歓迎会が終われば、当分ハイカロリーを摂取する予定はない。

でも私は最近ゼリーにハマっているのだ。
昔は断然ゼリーよりプリン派だったのだが、ゼリーもなかなか見どころのある奴だと
最近気付いたのだ。
こんなことをしているから駄目なのだと思いつつ、今日もゼリーを食してしまった。
ノンカロリーをうたっているものもあるのだが、やはり普通のゼリーの方がうまい。
ナタデココがまた良い奴なのだ。
Kに言ったらまた盛大に非難されることだろう。
困ったことだ・・・

0117.jpg

A point of no retuen 10

クリスマスから続く、歓待の連続に私の理性は崩壊していた。

私はケーキ、かに、ローストビーフ、刺身、年越しそば、おせち、お寿司、お雑煮、エビチリ、
その他諸々、次々と繰り出される攻撃の前に、あっけなく陥落し、もう全てがどうでもよくなった
世捨て人のような気分で、年末、年始を過ごした。

正月は車で秋田まで行ったのだが、どうでもよくなっていた私は、道中の車内でも、
トッポにフランにアルフォートと非道の限りを尽くしてきた。
ドライブのお供の甘いお菓子どもは、どいつもこいつもうまかった。
それはそうだ。食ったら、うまいように作ってあるものを食べているのだ。
おいしいに決まっている。
地元には夕方帰ってきたのだが、家で食事を作るのも面倒なので、夕飯は近所のラーメン屋に行った。

これほどの悪事を働いて、何もない訳がない。

帰宅後真っ先に服を脱ぎ体重計に乗った。
体重は、61.6kgだった・・・orz

いつも夕食後ではなく、朝に体重を量っているので、出すものを出せば、少し減るのだろうが、
それを差し引いても、これは増えすぎだ。
これは11月の中ごろの数値だ。
最近はポツポツと58kg台の数値も顔を出し始めていたのだ。
私は、目標の55kg、意外と余裕じゃねえのか?と調子に乗っていた。

これからどうすればいいのだろう?
とりあえずスクワットを50回やってみたが、そんなの焼け石に水だろう。
昨日今日と摂取した糖分は今頃体内でせっせと脂肪に変換されているのだろう。
またやり直しだ。
といっても明日も実家に行くのだ。
そして明日もまた色々とおいしいものにありつけるのだ。
なんと幸せな事か・・・

今年は4日から仕事だ。
せいぜいがりがりと働こう。

120102.jpg

A point of no retuen 9

体重が順調に減っているように見える。

1224.jpg


私はヒザを痛めてから運動をサボっている。
ヒザの調子はもう戻ったのだが、寒すぎて外に出とうないのだww
おまけにまたどこか調子が悪くなるのではないかと思うと、余計に腰が重くなる。
どうも体重の推移をみていると、運動は関係ないようにも思えてくてくる。
以前canariaさんがコメントして下さったが、やはり運動よりも食事制限の方が効果があるのだろうか?
とはいえ、外を歩けばまたお金が落ちているかもしれないし、運動は体にはいいと思うので
そろそろ再開したほうがいいとは思ってはいるのだ。
せっかく買った高い靴も無駄になってしまう。

先日太る前に着ていた比較的緩めのブーツカットを履いてみたら、一応履けるようになっていた。
そんなわけで最近私は再びブーツカットを履くようになった。
単純な私はうれしくなって、安物だが、皮のブーツを買ってしまった。

boots.jpg

やはりブーツカットにはブーツしかないだろう。
くたびれたスニーカーとはサヨナラだ。
私は再び元の場所に戻りつつある。

だが体重に騙されてはいけない。
私のお腹は依然として醜く弛んだままだ。
これでは到底ダンディとは呼べないだろう・・・orz
グラフの赤い点は体脂肪率から計算した脂肪の値なのだが、脂肪は全然減っていないように見える。
やはり筋トレしかないのか?
というかこれを書くの何回目だろうか?
筋トレ、できればやりたくないのだ。お腹とか痛くなるし。
恐らく腹の脂肪は最後に減るのだろう、今に見ておれ。

道は険しい・・・

A point of no retuen 8

膝を痛めてしまった。

いい靴を買って調子に乗って痛いのを無視してジョギングしてたらこのザマだ。
仕方ないので、ここ1週間くらい運動を控えている。
膝の痛みは大分取れたのだが、この調子でダイエットなぞできるのだろうか?

しばらく夕飯は炭水化物抜きという事で、おかずだけ食べている。
朝はバナナとリンゴ、昼は社員食堂のヘルシー御膳(これはありがたい)だ。
体重は減っているような、減っていないような感じだ。
60kg切ったと思って喜んでいたら次の日には戻ったりして、まるでたちの悪い女のようではないか。
まあそういう女性にお目にかかったことなどないのだけれど。

というか運動あまり関係ないのではないだろうか?
今の運動量では全然ダメという事だろうか?

ボディービルが趣味で体重を自在にコントロールしているKからは、それでは55kgは絶対無理
というコメントを頂戴している。
Kが言うのだからこのままではおそらく本当にダメなのだろう。
だが絶対などと言う言葉は軽々しく使ってはいけないのだ。
思い知らせてやる。
といっても悔しい事に私が痩せることができても、Kにとっては痛くもかゆくもなのだ。

筋トレを導入するしかないのだろうなあ。
あとはナイシトールかなww

ところでクリスマスだ。
最近ではありがちな設定だが、飲まない打たない買わない吸わない私は甘いものが好きだ。
昭和の男からしたら男のたしなみを知らないダメ男だ。
といっても私は無害を装ってはいるが決して無害ではない。
無口な奴ほど屁が臭い、と言う名言がある。
何かの本で読んだ。
私の屁だってなかなかのものなのだ。
話がそれたが、今はダイエット中だから甘いものは極力我慢している。
クリスマスには実家に行って、姪にプレゼントを渡す予定だ。
私はその席でありつけると思われるケーキが楽しみなのだ。
ダイエット中とはいえ、空気を読んで出されたものはちゃんと食べなければならない。
そのころまでには50kg台に突入していたものだ。

東北の北の方ではファッキンサンタなる存在が暗躍しているようなのだが、きっと
ファッキンサンタさんもクリスマスにはケーキをおいしく食べるのだろうなあ。

なんだか取り留めのない内容になってしまった。

1208.jpg

A point of no retuen 7

ちっともやせない。。。

先週は一週間ウォーキングできなかったおかげで、すっかり足首の痛みが取れた。
先日、友人Kから足が痛くなるのは靴が悪いせいではないか、と言われた私は、試しにスポーツ用品店に
行ってみた。
ごてごてと派手なランニングシューズをボケッと眺めていたら店員さんが話しかけてきた。
私が足の痛みを訴えると、待ってましたとばかりに、それは靴のせいですと言い切り、商品の説明を始めた。
イケメンの店員さんはハヤサカさんという方で、実にプロフェッショナルな店員さんだった。
メーカーごとの特色、最近の靴の傾向など30分ほど事細かにマニアックに説明してくれた。
私が履いていた靴は普通の安いスニーカーで、靴底にクッション層が全くない。
これは足に良くないのだそうだ。
10足以上の靴を試着し、私はハヤサカさんにすすめられるまま、1万円もする派手な靴を買ってしまった。
高い靴の方が、クッション層の耐久性が良く、長持ちするので、長い目で見ると得なのだそうだ。

私のようなおじさんがはくと靴が人を載せて歩いているようで、なんだか恥ずかしい。
すっかりその気になった私は、日曜から、もう走れんじゃね?と思いウォーキングではなく軽いランニングを
してみることにした。
一日目は問題なく、これは良い買い物をしたぞと喜んだのだが、一昨日から足首が痛いのだ。
ハヤサカさん、話が違うではないか。
まあでも一晩寝ると治っているので、もうしばらく軽いランニングを続けてみようと思う。

ところで私が運動する目的は体力づくりではない。痩せるためだ。
で、肝心の体重だが、ひと月以上もたつのにあまり減っていないのだ。
まあウォーキングしかしていないのだから当然なのだが、私の目標は55kgだ。
この調子で挫折することなく続けられたとしても、目標を達成できるのは来年の夏くらいになりそうな感じだ。

私は痩せている頃に背伸びして買ったDIESELの細いブーツカットを再び履きたいのだ。
似合っているかどうかは問題ではない。
服は本人が気持ちよく着れるかどうかが大事なんだと思う。
似合っていなくてもいいのだ。多分。きっと。


1124.jpg
プロフィール

gimonia

Author:gimonia
絵はブロ友のなによしさんに
書いていただきました。
実物はこんなイケメンではなく、
くたびれたオジサンです。

39歳メタル好き

リンクフリーです。
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

Fleurage(窓口)

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。