スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックアップ

PC内にデータを保管する場合、バックアップは非常に重要だ。
私はこの件で一度痛い目にあっている。

あの頃私は26、7だっただろうか?
まだ若かった。
当時使用していたPCはデスクトップのSONYのVAIOで、その頃はネットにも繋いでいなかった。

私は世の中の様々なことを吸収しなければならないという、若く純粋な向学心から、時折
組体操のDVDを見ていた。
そのDVDは若い男女が、裸で何やら難しい姿勢で組体操のようなことをするという不思議なもので、
私は良く分からないながらも、世の中こういったことをする方々もいるのかと、時折暇を見ては
勉強していたのだ。
そのDVDはちょっと前置きがあったりするので、私は早送りしようとしたのだ。
早送りのボタンをクリックしたところで、PCがフリーズしてしまった。
そして、それっきり再起不能になってしまったのだ。
あの時、何がどうなったのかは、もう詳しくは覚えてはいない。
何をどうやっても動き出そうとしないPCを前にして、私は大変なことをしてしまったのだと悟った。
PCには私が20歳の頃から作りためた曲が130曲ほど入っていた。
130曲といっても完成していたのは40曲くらいで、ほとんどが数小節のアイディア集だったのだが。
それでも休みの日も部屋に篭もり、友達づきあいもせず、コツコツ作成したデータだ。
私にとっては何より重要なものだった。
私は激しく動揺し、自分の股間を力任せに殴りつけ、直後激痛にのたうちまわった。
ということはさすがにしなかったが、そういう気分だった。

今だったらいろいろと打つ手もあったと思うのだが、当時PCには疎かった私は、翌日Y電機赴き、
HITACHIのPRIUSを購入した。
そしてネットでスーパーファイル復旧2なるソフトを購入し、壊れたと思われるVAIOのHDDから
データのサルベージを試みた。
いくつかの古いファイルは救出できたのだが、更新日の新しいファイルは中身が壊れた状態で抽出され
使い物にならなかった。
いくつかのファイルは友人Kにも送っていたので、それらは手に入れることができた。
またCD-Rに焼いていた曲なんかもあったので何曲かはWAVファイルでは、残っている。

こうして私は何よりも大事なデータを、いっときの劣情に流されて失ってしまったのだ。
それ以来、バックアップはこまめに取るようにしていると言いたいところだが、本当にたまにしか
とっていない。
現在はデータ用に1TBのHDD2個をPCに積んでいるので、手でコピーしている。
本当はRAID1を組んで自動でミラーリングしたいのだが、まだスキルがなく、そのうち勉強してみようかと
思ってはいるものの、未だ重い腰を上げれずにいる。
どうもOSのインストールからやり直ししないといけなさそうなのだ。
それはちょっと面倒くさい。

PCに大事なデータを保管しておられる方は多いと思う。
くれぐれもバックアップはとっておいたほうが良いかと思われる。
組体操も、ほどほどにしたほうがいいのだろうか?
まあ私にはよくわからないことではあるのだが。
スポンサーサイト

PC3

連れのPCを作ることになった。
というか、お願いして作らせていただくことにした。
連れは10年前くらいに買ったというMacのノートPCを持っているのだが、CD-Rのスロットが不調で
CDが取れなくなるというトラブルが頻発していてほとんど使っていなかったのだ。
PC、有れば使うよ。という消極的なコメントを言質にもう一台作らせてもらうことにしたのだ。
居間において使えるよう小型のPCを作ることにした。

以下、マニアックなお話なので、興味のある方だけご覧になってください。

ケースは以下。
4997401140212.jpg
20cm x 21cm x 35cm と小型だ。
マザーボードはMini-ITXとなる。

日曜にすべての部品が届き、夕方から格闘を開始した。
構成は128GのSSDをシステムドライブに、1TBのHDDをデータ保管用のドライブにする。
CA3F0109.jpg

今回は慣れたせいか比較的早く作ることができた。
このケース、ホットスワップが売りということらしいのだが、ホットスワップって何?という感じだったので
調べてみると、どうも電源を入れたままHDDを抜き差しできるということらしい。
だがこの機能いるのだろうか?
親しくしていただいている、PCに詳しいマッチョマンさん(carminemanさんです、スミマセン)によると
小型PCは熱がこもりやすく、ケース内の排熱が重要らしい。
このケース、フロントとリアの両方にファンがついている。
HDD用の3.5インチベイは2個付いているのだが、1個しか使わないので、1個は外してケース内に
フロントのファンの風をまわそうと考えた。
のだが、前述のホットスワップ用の基盤(奥の緑色の板です)が邪魔で、ケース内に風がいかないのだ。
(下の写真の中央の穴に2個分のHDDが入るのですが、1個しか使わないので、1個分は風通しの穴に
しようと考えたのです)
CA3F0110.jpg

ということで、この基盤をとってしまうことにした。
これでフロントファンの風がケース内に送れることになる(はず)
HDDの穴の奥に見える円形の物体がリアのファンです。
CA3F0111.jpg

先ほどの画像の穴の上半分を占めているのがHDDだ。
ところがこのホットスワップの基盤、リアのファンの電源供給も兼ねていたようで、そのままではリアの
ファンを動かせなくなってしまう。
マザーボードにはケースファン用の電源コネクタは1個しか付いておらず、フロントファンの分で
埋まってしまっているのだ。
何か良い部品はないかとネットで検索したら、ペリフェラルのコネクタをファン用の3ピンコネクタに
変換できるアダプタがあるらしいことがわかった。
早速近所のパソコン工房に出向き、変換アダプタを購入した。
これでリアのファンも動かせるようになった。

排熱が重要ということで、配線が風の通り道の邪魔にならないよう、かなり気を使った。
CA3F0112.jpg

CA3F0114.jpg

そんなわけで、居間のテーブルの下に置く小型のPCが無事完成したのだ。
私のPCと比較するとこんなに小さい。
CA3F0115.jpg

私のPCのケースはメタルっぽい鋭角的なデザインに一目惚れして、ショップに注文する際、
これにしてください、とわざわざお願いして作ってもらった。
でも前面に蓋がついていると何かと使いにくく、たいてい蓋は開けっ放しになってしまうのだ。

さて、もう実家のPCも連れのPCも作ってしまったので、あとは自分のPCを触るしかない。
PC自作、ただ組み立てるだけだが、こんなに楽しいものだとは思わなかった。

PC

前にも書いたが、昨年の夏にPCを新調した。
メーカー製の既製品を買おうかと思ったのでが、スペックと値段の折り合いがつかず、
結局ネットのショップでカスタマイズして注文した。

私はPCは高校のときから使っているのだが、PC自体には興味はなく、私にとってはそれは
こちらの命令を実行してくれる箱だった。

ネットで注文するにあたって、色々と調べなくてはなくなり、雑誌等を買ってPCについて少し勉強し、
それから注文した。
自作しようかとも思ったのだが、高い買い物で失敗したら目も当てられないので、組立はショップに
お願いした。
その後も惰性で雑誌は買い続けたのだが、その雑誌はPC自作教の広報誌ではないかと思うくらい、
PCの自作について熱い記事が書かれており、毎月ぼーっと流し読みしているうちに、知識も増えた。
知識がつくと実際にやってみたくなるもので、自分も1台作ってみたいと思うようになった。
単純な私は洗脳されてしまったのだ。

私が目をつけたのは実家のPCだ。
何年前のかはわからないが、非常に動作の遅い彼を引退させてやろうと思ったのだ。
主にネットとエクセルくらいしか用途がない実家では、それほど高いスペックは要求されない。
親しくさせていただいているPCに詳しいcarminemanさんに相談したところCPUはcore i3で十分だろう
ということだった。
ということで他のパーツも適当に見繕って、適当に注文した。

金曜にパーツが届き、土曜の夕方から格闘を開始した。
CA3F0078.jpg

最初はいちいち写真をとって作業していたのだが、面倒になり、というかいろいろと分からないことが
出てきて余裕がなくなり、必死で作業した。
全部組み立てるのに4,5時間ほどかかった。
雑誌によると慣れている人なら小1時間ほどで出来る作業だそうだ。
CA3F0090.jpg

土曜はOSとOfficeもインストールして無事動くのを確認してから就寝した。
日曜の朝に、CPUクーラー(2枚目の写真上部の黒のでかいファン)の取り付け方向が逆なことに気付き、
仕方なくマザーボードをケースから外し、ファンを取り外し、CPUととファンの接触部分に塗布した
熱伝導グリスを拭き取り、新たにグリスを塗り、正しい方向で取り付け直すという大変面倒な作業を行なった。

再度組み直して、電源を入れたら、今度はアプリを起動すると青い画面になって強制終了するという
症状が出てしまった。
原因は不明だが、今考えると、USBのコネクタの取り付け位置が組直しによって入れ替わってしまった
のかもしれない。
仕方なく、OSのインストールからやり直し、不具合が解消できたのを確認した。

PC自作教本に従い、ネットから無料のウイルス駆除ソフトをUSBメモリにダウンロードし、インストール後
晴れてネットにつなぎ、無事動くことを確認したのだ。

結局全部の作業に7,8時間くらいかけてしまったかもしれない。
ずいぶんと手間がかかったが、やっていることはただ組むだけの単純作業だ。
それでも自分で組んだPCがちゃんと動いた時は、なんだか自分が偉くなったかのような達成感があった。
CA3F0094.jpg

すぐにでも実家に持って行きたかったのだが、あいにく母親が風邪をひいているらしく、納品は
来週までお預けだ。

そんな感じで、今週末は大変満足な週末だったのだ。

PC

みっともないのを覚悟して再開したブログだが、さっそく拍手とコメントを頂いた。
ありがたいことである。
ありがとうございます。

先週PCの調子が悪くなった。
アドビのREADERを更新してからおかしくなったような気がする。
最初は起動に時間がかかっている状態で、そのうち起動もできなくなってしまった。
セーフモードとやらでは起動できるので、おかしくなった原因と思われるREADERをアンイストールしようと
思ったのだが、アンインストールができず管理者に連絡しろといわれてしまう。
誰に連絡したらよいかわからないので、ここでギブアップしてPCを買ったショップに相談した。
結果、OSが壊れた可能性が高いのでOSの再インストールが必要とのこと。
OSのインストールなどやったことのない私は、ショップにお願いしようかと思ったのだが
聞いてみると意外と簡単そうなので、自分でやってみることにした。
やってみると本当に簡単だった。
のだが、当然アプリケーションはすべてインストールし直しとなってしまう。
まだ買ってからひと月半でこの調子だ。先が思いやられる。
そういえば前に使用していたHitachiのPriusはこういったトラブルは皆無だった。
やはりメーカー製の既製品にしておけばよかっただろうか。
プロフィール

gimonia

Author:gimonia
絵はブロ友のなによしさんに
書いていただきました。
実物はこんなイケメンではなく、
くたびれたオジサンです。

39歳メタル好き

リンクフリーです。
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

蒼い闇 紅い闇

Fleurage(窓口)

妄想の彼方にて

ななの四次元日記

つらつら椿

宮廷アリス

また 吐いちゃった

ラロルティのリベルタブログ

詩、そして、死 ・・・ and living

優芽の樹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。